Biking in the Land Down Under: A Blogspedition with Aussies & Kiwis

Winter in the northern hemisphere is summer in the southern hemisphere, so what better time to round up the women’s bike blogs from that upside-down United States (if you’re from the U.S.) and its smaller sister?

Australia

New Zealand

A couple more Cycle Chic blogs appear but I can’t tell from the blog whether the person who runs it is male or female. Since the Cycle Chic movement was launched by a man I can’t assume. If you happen to know the blogger(s) at Wellington Cycle Chic or Freo Cycle Chic and can confirm authorship, let me know.

Related Reading

Your Turn

  • Have you biked in Australia or New Zealand? What was it like?
  • Have any blogs to add to the list? Be sure to leave a link in the comments!
Sharing is karma--pass it along!

Tags: , , , ,

10 Comments to "Biking in the Land Down Under: A Blogspedition with Aussies & Kiwis"

  1. Katherine says:

    Great compilation of blogs Barb. Makes me feel warm just thinking about cycling Down Under where it’s summer while we freeze in the Northern Hemisphere! I’m from Melbourne, Victoria, Australia. I now live in Spokane, WA. Cycling throughout the state of Victoria is fabulous, and for a city of 3 million people, Melbourne is an incredibly bike friendly city. Melbourne is crisscrossed with miles and miles of paved, separated bike paths. Two of my favorite bike paths to cycle whenever I visit are the Yarra River Trail which follows the river towards its source for almost 40 kms (25 miles) from the city center through suburbs, parks and quiet natural areas, and the Bay Trail which runs alongside Port Philip Bay for about 50 kms (35 miles) offering great city views, and beach and bay vistas. It’s easy to rent a bike close to these bike paths, and both are wonderful day rides.

  2. Vicki says:

    Hi Barb, thanks for featuring my blog. When it is winter here I read the northern blogs with envy, I can’t wait for it to warm up here. Now, I can’t wait for it to cool down, it has been a terribly hot summer for us. Thanks again, Vicki

  3. Spotted another one! http://cyclingdutchgirl.com The title Cycling Dutch Girl didn’t give it away–had to read her About page to find out she’s traveled all over and is currently in Australia.

  4. 具体的には、業界、私たちも観察して西部地域に贅沢な表の検索の伸びが目立つ。特に、ブランドの認知度で最も急速に成長し、毎年8 . 4%のスピードで増加(比べ東部地区は4 . 8%)。確かに、数年前まで通り上海や北京など大都市東部のように、贅沢なブランドに殺到して西部間近表。 http://www.fujisanbrand.com/wallet/vuitton/index_5.html

  5. 超人気旺店全新登場人気ブランド品★2016年全新登場★揃っている。ロレックス腕時計、オメガ、ブルガリ、カルティエIWC腕時計、シャネルコピーバッグ、財布腕時計、バネライ、ベル&ロス、ゴルム腕時計チュードル腕時計、ルイヴィトン、グッチバッグ財布、コピーミュウミュウバッグ財布、エルメス、ブラダバッグ、財布等弊社は「信用第一」をモットーにお客様にご満足頂けるよう、送料は無料です(日本全国)! ご注文を期待しています!下記の連絡先までお問い合わせください。是非ご覧ください http://www.bestevance.com/cartier/tank/

  6. 購入した5万匹ガス針表、過酷な戦争環境をより強調ガス針表卓越した品質、後はガス針表軍の必要な装備の一つとして。ウブロコピーガス針表の夜光機能がより随一、発光時間が長く、発光効果も深く各国軍尊重の重要な原因の一つ。 http://www.bestevance.com/rolex/sky/index.htm

  7. スーパーコピー 代引きN品をご 購入の方は、こちらへ.弊社は正規品と同等品質のコピー品を低価で お客様に提供します!すべての商品は品質2年無料保証です。100%実物写真ですし、品質が完璧です!”ブランド財布偽物財布コピー ルイヴィトン財布偽物良質なスーパーコピー品を創造します!当社のスーパーコピー代引き、スーコピー腕時計は他社のものより品質がよくて、価格も安いです http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N51263.html

  8. ガガミラノスーパーコピー これは2015年のゴールドバージョンの「最初のオメガでスペースを「オメガスピードマスタームーンウォッチの数えられた版ではありませんが本当に最初のそのタイプ。それは、オメガスピードマスタームーンウォッチの数えられた版を参照年に出ましたが、私は思っています。このハンサムなのですが、まだ作られていると私は思っていませんが短命な時計は、私の意見では、設計研究オメガスピードマスター」をリリースした57の軸クロノグラフの前にあった(ここではレビュー)。オメガの面白い何をしましたが、実際には。最も顕著な要素「スタイルのダイヤルムーンウォッチにマッチした初期の「スピードマスター手です、しかし、より詳細な検査は、本当に一部のコレクターがエキサイトしなければ面白いの資質の数を明らかにします。それらの性質の各実施の上のこの18 kのセドナゴールドバージョンへの衝撃的なダイヤルとありました。 http://www.bestevance.com/cartier/solo/

  9. スーパーコピーロレックス時計販売 はレプリカロレックス時計通販専門店です . 0.701167888 ロレックスコピー時計の私はパテックロレックスコピーは通常パテック時計は非常にエキサイティングなまたは十分に近代的ではないと感じ、古典的な時計愛好家のためにここにスイートスポットをヒットだと思います . ロレックス工場は生産ラインを設けないで、彼らはベテラン職人に知らせて、彼らの手が完成のに行くのは一件一件の芸術品で、その上ずっと更にの挑戦が蓿の彼らを待っている難度があります。スーパーコピー時計. デイトジャストコピー時計 : http://www.eevance.com/News/d9caa6e02c990b0a.html

  10. リードファッションのアメリカ有名な腕時計ブランドTIMEX(タイメックス)は2008年12月8日から14日、北京で君がデパートの2階に1週間の巡回展示活動を展開。スーパーコピー時計その時、消費者を味わうことができるだけではなくTIMEX(タイメックス)新しいブランドイメージにより、率先して目を発売のファッションSLシリーズのバラ金全自動機械表と、非常にTIMEX(タイメックス)の特色のアウトドアシリーズの潮汐温度羅針盤表やファッションTシリーズの多機能クロノパンパン親密接触、感じTIMEX(タイメックス)演繹の素晴らしい生活。また、「時を前に、私の人生の感想」写真募集イベントも展示会現場に幕を開け、ごとに1つの消費者も機会があって解釈を写真で自分の中の「時前」を分かち合い、自分の人生の感想。 http://www.gowatchs.com/brand-193.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

The quest for the intersection of Style and Comfort